ページ内移動用のメニューです。

介護現場で働く看護師さんに聞きました 訪問入浴サービスで働く看護師インタビュー 吉井 和子さん(ニチイケアセンターひたちなか   非常勤 週2回勤務) お客様やご家族が私たちを心待ちにしてくれています

介護現場でお仕事をはじめたきっかけを教えてください。

以前は病院で看護師として働いていました。
結婚、出産、育児で10年程看護師の仕事を離れていましたが、看護師の資格を活かした仕事がしたいと考えていたところ、インターネットで訪問入浴というサービスがあることを知り、応募したのがきっかけです。
ブランクがあったので、病院に復帰するのは難しいと考えていましたが、家族の介護を経験したこともあり、介護サービスには入りやすかったように思います。

病院でのお仕事と今のお仕事ではどんなところが違いますか?

病院勤務では診療に関する補助が主で、患者様と接している時間が短かかったので、一人ひとりのニーズにこたえられていなかった気がします。また、しっかり対応できているのか、不安に思う事もありました。
訪問入浴サービスでは一人のお客様と一対一で接することができるので、お客様の声にゆっくり耳を傾けることができます。

今のお仕事で印象的なエピソードは?

お客様のご自宅に訪問し、挨拶をした時、お客様とご家族の表情がパッと明るくなったことです。
お風呂に入れる事を楽しみに待っていて下さったことが分かり、とても嬉しい気持ちになりました。

介護現場で働くことを考えている看護師さんにメッセージをお願いします。

現在、多くの方がご自宅で介護サービスをうけながら生活をされています。その方々の支援に携わることができるのはとても嬉しく、やりがいがある事だと思います。
介護度が高くなると、昔は身体を拭くことしか出来ませんでしたが、訪問入浴は寝ながらにしてお風呂に入る事ができるので、お客様やご家族に喜んでいただけ、楽しい時間を共有することができます。
看護師の仕事にブランクがあっても研修がありますし、分からないことは他の看護師やスタッフが教えてくれるので安心して働くことができます。
皆さんをお客様が待っています。

会員登録がまだの方はこちらから

無料!会員登録

介護のお仕事に興味のある方へ 看護師さん向け お仕事相談会 現場見学・体験会

 あなたに合った働き方を見つけよう! 看護師さんの適性診断 ※スマホ対応はしていません