ページ内移動用のメニューです。

掲示板

お仕事に関する相談や、ちょっとした疑問、雑談まで、看護師さん同士で会話を楽しもう!

掲示板の使い方

  • お仕事に関する聞いて&オススメ
  • お仕事に関する質問・相談
  • 趣味・生活
  • 地域・ご近所

メルマガ44号:インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」

ニチイ看護師ナビ 

投稿日時:2018/11/29 11:45:54
最終更新日時:2018/11/29 11:45:54

インフルエンザの従来の治療薬としては、タミフル、リレンザ、イナビルなどがありました。これらの
従来薬について、服薬方法に着目すると、タミフルは1日2回5日間の服用が必要で、服用回数が多い
こと、また、イナビルは、吸入薬であることから、確実に服薬することが難しいことなどの課題があり
ました。
2018年の2月に承認されたゾフルーザのメリットは、経口薬(錠剤)であり、1回の服薬だけで済
むため、服薬に伴う患者の負担が最小限であるということです。また、タミフル等の従来の治療薬が、
ノイラミニダーゼ阻害薬(増殖したウイルスを、細胞内に閉じ込めることによって拡散を抑制する)で
あるのに対して、ゾフルーザは、エンドヌクレアーゼ酵素阻害薬(ウイルスの複製を抑制する)で、「
ウイルスそのものの増殖を抑える」効果があります。公表されているデータによると、抗ウイルス作用
はタミフルを上回っており、ウイルス量の減少速度が速いことから、周囲への感染拡大を抑止する効果
も期待されています。
今回紹介したゾフルーザに限らず、新薬の情報を正しく理解し、介護や看護に役立てていきたいですね

掲示板一覧へ戻る

介護のお仕事に興味のある方へ 看護師さん向け お仕事相談会 現場見学・体験会

 あなたに合った働き方を見つけよう! 看護師さんの適性診断 ※スマホ対応はしていません