ページ内移動用のメニューです。

掲示板

お仕事に関する相談や、ちょっとした疑問、雑談まで、看護師さん同士で会話を楽しもう!

掲示板の使い方

  • お仕事に関する聞いて&オススメ
  • お仕事に関する質問・相談
  • 趣味・生活
  • 地域・ご近所

メルマガ43号:被災時の口腔ケアについて

ニチイ看護師ナビ 

投稿日時:2018/10/29 12:56:35
最終更新日時:2018/10/29 12:56:35

1995年1月に起こった阪神・淡路大震災では、震災関連死のうち、死因の24.2%が肺炎だった
と報告されています。なぜ、亡くなった方の2割以上の死因が肺炎だったのでしょうか?
肺炎の原因としては、様々なものが考えれますが、その1つとして、誤嚥性肺炎があったと言われてい
ます。被災時に、断水や水不足などの影響により、歯磨きや義歯の手入れが不十分になったこと、極度
の緊張感から唾液が出にくくなったことなどから、口腔内の清潔が保てず、誤嚥性肺炎を引き起こした
のです。
では、被災時、どのように口腔内のケアをすればよいのか、ご紹介します。

1.少量の水がある場合
【歯ブラシがある場合】
①コップを2つ用意する。
②1つ目のコップに少量の水を入れて、歯ブラシを濡らす
③歯を磨く。歯ブラシが汚れたら、濡らしたティッシュペーパーなどで汚れを拭く。
④②のコップで歯ブラシをすすぐ。
⑤③~④を繰り返す。
⑥2つ目のコップに新しい水を入れ、少なくとも2回口をすすぐ。
【歯ブラシがない場合】
①食後に少量の水やお茶でうがいをする。
②ティッシュペーパーなどで歯の表面を擦って、できる限り汚れをとる。

2.水がない場合
●マウスウォッシュ(口腔用洗口剤)で口をすすぐ。
(できるだけ、刺激の少ないノンアルコール成分のものを使用する。)
●シュガーレスガムやキシリトールガムなどを噛む。
(唾液の分泌を促すほか、ストレス解消や、緊張感の緩和の効果も期待できる。)
※唾液の分泌を促す方法としては、口腔体操や、唾液腺マッサージも有効です。

掲示板一覧へ戻る

介護のお仕事に興味のある方へ 看護師さん向け お仕事相談会 現場見学・体験会

 あなたに合った働き方を見つけよう! 看護師さんの適性診断 ※スマホ対応はしていません